PLEASE NOTE:

FEBRUARY 13, 2018: Today begins the migration of content to our new site.

As of today, anything you enter into your blog or other forms here will not be available in the new site, until it can be manually re-entered. Please hold back from adding any information for the next few days, and check back for further directions.

This site will continue to be active until the public launch of the new site. Staff will be testing and refining the content and functions of the new site between now and then. We appreciate your patience and support during this time. Do send your questions and concerns directly to me in the meantime.

Judi Piggott, Website Upgrade Project Coordinator judi (at) cnvc.org

Existing accounts will still be fully active in the meantime, but no new accounts can be registered. 

2014年12月に日本で行われるIIT(国際集中訓練合宿)--- 満員御礼

非暴力コミュニケーション・センター(CNVC)sm
主催
INTERNATIONAL INTENSIVE TRAINING(国際集中訓練合宿 IIT)
山梨県 清里, Japan
  2014年 12月5日~14日

プログラム: 国際集中訓練(IITアイ・アイ・ティー)は、9日間、­非暴力コミュニケーションの世界にどっぷり浸かる体験の場。­経験豊かなCNVC認定トレーナー6人のチームがリードする合宿­型ワークショップです。IITトレーニングの目的は、­長い期間を共に過ごすことによって、­非暴力コミュニケーションのプロセスをコミュニティのなかで実際­に生きる機会を提供すること。それによって、­非暴力コミュニケーションの知識と技術を伸ばし、­NVCの意識を発達させることを目的としています。­セミナー使用言語:英語および日本語(­双方向の逐次通訳がつきます)

Katherine Singerリード・トレーナー: キャサリン・シンガー
5歳で朝鮮戦争を経験したのちに、­紛争を平和的な手法で解決することで内と外ともに平和な世界を作­ることに深く関わる決意をする。1970年に米国に移住し、­1997年にマーシャルに出会う。後ほど、­彼女はトレーナーになり、CNVCの役員になる。­現在は資格認定をするアセッサーの一人。

(日本側運営チームの補足)
キャサリン・シンガーは、­日本とのつながりが最も古いトレーナーの一人であり、­2007年に安納献が初めて招聘して以来、­ずっと日本のNVCコミュニティの発展を願い、­共に夢を見続けてくれた。マーシャルの本「NVC—­人と人との関係にいのちを吹き込む法」­の翻訳や日本でのIIT開催はキャサリンの助言や励ましなしには­とうてい実現しなかった。日本初のIITが、­キャサリンをリード・トレーナーに迎えて開催されることは、­この上ない喜びである。

Marianne Goethlinサポート・トレーナー: マリアン・ゴズリン
スウェーデン出身、在住。NVCを20年以上実践し続け、­1998年にCNVCの認定トレーナーになった。­過去10年の間、­様々なトレーナーと協力して国際的にNVCのトレーニングを行っ­ている。また、マーシャル・­ローゼンバーグとともにIITでトレーナーとしてつとめてきた。

1990年以降、教育の分野に関わる。学習環境の中で教師、親、­若い人たちが非暴力コミュニケーションのプロセスを使って思いや­りのある関係性を育むことに携わる。­1998年にNVCの価値観と原理に基づいた学校をストックホル­ムの郊外に共同設立した。­彼女は幼稚園に平和教育をもたらすEUのプロジェクトのパートナ­ーでもある。

2009年に「ヨーロッパの教育におけるNVC」­プログラムを設立するのに参加した。このプログラムは、­ヨーロッパでの非暴力教育の開発をサポートする意図を持っている­。­マリアンは共感的プレゼンスの持つ力を体現していることで知られ­、その場ではすべての人がありのままでいられる。 www.­skolande.se

Robert Krzisnikサポート・トレーナー: ロバート・クリズニック
ロバート・クリズニック(心理学修士)­は様々な環境の中で心理療法士、トレーナー、チーム・コーチ、­コンプレックス・ミーティング・ファシリテーター、­そして紛争調停者として26年間働く(­もちろんこれが本当だとしたら、­彼はそれだけ年を取っているということになるので、­あり得ないのだが。。。)企業をはじめ、教育機間、個人や、­スピリチュアルな合宿などに関わる。

彼のワークはすべて非暴力コミュニケーションの精神とアプローチ­で満たされているが、彼はアート・オブ・ホスティング(Art of Hosting)の熱心な実践者であり、­異文化コミュニケーションの探求者でもある。­非暴力コミュニケーションにおいては、­スピリチュアルな側面と紛争調停(個人と個人やグループ内、­そしてグループ間)について最も情熱を持っている。

10代の早い頃から、­ロバートは自己そして全体のスピリチュアルな側面を意欲的に探求­してきた。また人生の実存的問いについても追求し、­さまざまな内なる旅路や、­このすばらしい世界を旅することによって深めていった。­彼は日本の非暴力武術である合気道の永遠の初心者でもある。

ヨーロッパの小さな国であるスロベニア在住。スロベニアは、­もう実在はしないが彼の心の中にあり続ける国、­ユーゴスラビアの一部だった国である。彼のウェブサイト: ww­w.humus.si/en

サポート・トレーナー: ジムジョリ・マンスキーは結婚して共に働き、30年以上経ちます。人生の偉大な冒険を共にし、最も深い考えや気持ちをオープンに正直にお互いにシェアーし、成長し続けるお互いの能力を尊重し受け入れるという意図を共有しています。これらの意図は共にいるときの意図を彩るだけでなく、関係性や仕事の枠組みにもなっています。

Peaceworksの共同創始者として、トレーニング、瞑想、ファシリテーション、組織開発、コンサルティングやメンタリングを行っています。1971年以降、様々な企業、コミュニティーグループ、政府機関、NGO、民間機関、そして個人とワークをしてきました。それぞれトレーナー、調停者、そしてファシリテーターとして認定を受けています。さらに、非暴力コミュニケーション(NVC)と神経言語プログラミング(NLP)の資格を持ち、それぞれコミュニケーション(ジム)と福祉(ジョリ)の学位を持っています。

2008年6 月にThe Center for Nonviolent Communication (CNVC)のグローバル・コミュニティーサークルの初代リーダーとして半期を完了しました。世界中のCNVCネットワークの成長と発展に貢献しました。また、New Mexico Network for Nonviolent Communication の創始メンバーでもあり、さらに世界中で生まれつつあるNVCのコミュニティーに直接貢献しました。ジョリはCNVCの暫定理事として2006年1月から2007年5月までの3年間を務めました。
 Comienzos(服役中の囚人と監獄の職員向けのプログラム)の創立メンバーであり、NVC Academy の顧問でもあります。Compassionate Leadership(思いやりのあるリーダーシップ)とPathways to Liberation(解放への道筋)の発展に貢献し続け、個人のリーダーシップと思いやりの進化を促す新しい方法を見つけることに熱意を持ち続けます。現在ジムとジョリは Hawaii NVC に貢献し、ハワイの Network for Nonviolent Communicationの学内NVCプログラムにも貢献しています。かれらは電話ベースのトレーニング、メンタリングプラスを提供し、韓国と日本のNVCコミュニティーの発展に貢献することに喜びを感じています。

roxymanningサポート・トレーナー: ロクシー・マニング
私は30年以上にわたり、「正しい」ことをやってきた。「よい」­生徒であり、社会の「成功した」一員であった。そして、­30年外向きの成功は深いうちなる不幸を隠してきた。­わたしは他の人が期待することをやることに専念し、­自分自身が繁栄するために何を必要としているかを見失ってしまっ­た。

NVCに出会ったとき、­自由であるという意味を改めて学び始めた。­他の人のと同じくらい自分自身の心の声を認め、­自分自身のニーズを大事にしたときに訪れる自由とパワーを発見し­た。­自分を犠牲にせずに家族や社会に対して思いやりを持つことができ­る可能性をNVCは提供してくれた。心理学者として、­これは他の人や自分自身を助けるときにいつも求めていた可能性で­もあった。­NVCは自分がこれを実現する能力を計り知れないほど向上させた­。

人々の繁栄の支えとなるコミュニティーを作ることを可能にする、­癒しと自由への道筋を見つけるお手伝いをすることに喜びを感じる­。近年、幸運にもアジア(日本、スリランカ、タイ)­へ旅する機会に恵まれた。それぞれの国で、幾多の困難(­日本では地震と津波、スリランカでは内戦の終結、­タイでは激しい暴動)の後で自分自身と家族、­コミュニティーの支えになる構造を作り上げるために働く人々と出­会った。それぞれの状況で、文化に違いはあれども、­自分が上に述べた自由を切望している人々と出会った。­それは普遍的な自由なのだ。

ぜひこの合宿に参加して、­おのおののニーズが大切にされるということがどういうことなのか­を体験しにきてください。­そしてそれぞれの地域やコミュニティーでその環境を作るためのス­キルを身につけて欲しいと思います。

サポート・トレーナー:  ホルヘ・ルビオ:ホルヘはCNVC認定トレーナーになり14年になります。彼はThe Foundation for Nonviolent Communication Centerの創始者兼常務取締役として母国のコロンビアで主に働いてきました。大統領主導のプログラム”Haz Paz”に戦争のある国で平和の文化を作る意図を持って参加しました。Colombian Institute for the Welfare of the Familyのコミュニティー平和パイロットプロジェクトを三度指揮しました。また
Ibagueの貧困層に公共学校教育を提供するINEM School (Instituto Nacional de Educacion Media) でも働きました。ワークショップをリードするために世界中を旅行し、ビジネス、学校、組織、警察、家族、や個人のコンサルティングや調停に携わりました。ワークショップでは参加者に基礎的なNVCスキルを始め、怒りのマネージメント、子育て、そしてコミュニティービルディングについて教えました。彼は現在主に米国、スペイン、ラテンアメリカで活躍し、活きた共感的ネットワークの創造に貢献しています。最近ではボリビアの幾つかの地域での国家規模の政府機関へのワークショップや、児童福祉組織、コミュニティーや人権擁護団体とも関わりました。


 

会場:清里 清泉寮(KEEP協会)

清泉寮は、1938年(昭和13)、­キリスト教の一派聖公会の青年運動団体である聖徒アンデレ同胞会­指導者訓練キャンプ場として、­大自然の中での青年指導者の養成のための修養会、­自然学級の使命を持って生まれました。太平洋戦争後、「­清里の父」と呼ばれるポール・­ラッシュ博士の献身的な努力により再建され、­現在は氏が創設した公益財団法人キープ協会が運営する宿泊施設と­なっています。Kiyosato Educational Experiment Project (清里教育実験計画)­の頭文字をとってKEEPと名づけられた敷地には、教会、­保育園、自然放牧による酪農を主体とした農場、環境教育の拠点・­八ヶ岳自然ふれあいセンターとやまねミュージアム、ポール・­ラッシュ記念センターなどがあり、­清泉寮はその中心に位置しています。­1957年からの歴史を感じさせる赤い三角屋根の本館に加えて、­2009年には温泉を備えた新館が完成し、多くの学校や企業、­イノベーターたちの修養や研修、­キャンプやワークショップの会場として利用されています。

IITのメイン会場となる新館ホールは大きな窓の外に、­森と草原、 秩父連山を見渡す光景が広がり、­空気が澄む冬の星空は一生の思い出に残るでしょう。南に富士山、­北に八ヶ岳、西に南アルプス国立公園を臨む敷地内には自然歩道(­トレイル)が数多く整備されており、­瞑想や自然との対話に適しています。

食事は地産地消をコンセプトに地元農家さんが育てた野菜主体の手­作りにこだわったお料理。朝食は全員ビュッフェ形式で、­昼食と夕食はベジタリアンメニューも選べます。

清里 清泉寮(KEEP協会) http://www.seisenryo.jp
住所:〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
お問い合わせ:0551-48-2111  清泉寮へのメールはこちらから(予約はできません)

アクセス:http://www.seisenryo.jp/­access/


宿舎および交通のご予約は、­お申込が受理されてCNVC事務所からご参加の確認メールが届い­てからお手配ください。清泉寮のご予約は、­参加申し込みフォームに記載されている専用フォームからのお申込­みになります。

参加費用: 
IITの 参加費用は、授業料の2,­340ドルと食事宿泊費の合計金額になります。­授業料はドル建てでCNVCへ、食事宿泊費は下の表のとおり、­清泉寮に直接お支払いいただくことになります。­清泉寮へのお支払は、­運営チームからの確認メールを受け取ってから、­そこに記載されている方法でお願いします。

早期申し込み割引:
8月5日までにCNVCに授業料を全額お支払いいただく場合には­、351ドル(授業料の15%)の割引が適応され、­お支払金額は1,989ドルになります。

9月5日までにCNVCに授業料を全額お支払いただく場合には、­234ドル(授業料の10%)の割引が適応され、­お支払金額は2,106ドルになります。

その他の割引: 
現在CNVC認定プロセスにあり、­認定候補生として登録なさっている場合、あるいは、­過去にIITに参加なさったことがある場合にも、351ドル(­授業料の15%)の割引が適応され、お支払金額は1,­989ドルになります。

IIT宿泊・食事のオプションと料金(9泊10日の合宿)

お部屋のプラン
12/5泊~12/13泊の間の9泊の宿泊代(諸税込)、12/­5の夕食~12/14の朝食までの計26食、­研修期間中の簡単な茶菓代、および温泉利用料が含まれます。

お一人当たりの
食事宿泊費

(日本円で清泉寮にお支払ください)

授業料

(ドル建てでCNVCにお支払いください)

A1:コテージ・グループプラン
森の中のコテージでの男女別でのグループ(5名〜8名)滞在。­屋外を5分ほどの徒歩移動があり、­食事などの行き来は少し面倒になりますが、­リーズナブルな料金設定です。

¥90,000 $2,340

本館洋室ツインプラン
クラシカルな本館でのご滞在。­ツインベッドで一室2名さまのご利用。

¥105,000 $2,340

B2:本館洋室シングルプラン
B1と同じお部屋のシングル利用。相部屋が苦手な方向け。

¥145,000 $2,340

C1:新館和室グループプラン
人気の新館和室に男女別の相部屋(4〜5名)で泊まれるプラン。

¥115,000 $2,340

D1:新館洋室ツインプラン
人気のグレードの高い新館洋室を一室2名利用で。

¥155,000 $2,340

D2:新館洋室シングルプラン
D1と同じお部屋のシングル利用。相部屋が苦手な方に。

¥225,000 $2,340

お部屋の写真および詳しい説明は、清泉寮のウェブサイトをごらん­ください。

お食事: 各お食事の内容は当方にお任せとなりますが、­夕食と昼食についてはベジタリアンメニューの選択も可能です。­ 下記申し込みフォームから宿泊希望フォームに進み、­該当の質問項目にお答えください。

お申込み方法:

  1. ここをクリックして日本語のオンライン申込書にご記入ください。­お支払については、申込書にお支払方法が記載されていますので、­その案内に従ってください。
  2. 11月5日以前に送信されるお申込みについては、­お申込みに当たって全額または100ドル以上の前納金が必要にな­ります。残金のお支払締め切りは11月5日になります。­11月5日以降のお申込みについては、­お申し込みと同時に授業料を全額お支払いください。
  3. CNVCは通常、­お申込みから5日以内に受け付け確認をいたします。­日本語受け付けに関しましては、7月中担当者不在のため、­8月5日〜10日の間にまとめてお返事いたします。
  4. 紙のお申し込み用紙をご希望の場合は、nvcworkshop [at] gmail [dot] com (日本側運営チーム)までご住­所を添えてご連絡ください。少々お時間がかかりますが、­郵送いたします。

ご不明な点、お問い合わせはお気軽に。英語でのご質問・­お問い合わせはiitadmin [at] cnvc [dot] org (IIT)iitadmin [at] cnvc [dot] org ( )iitadmin [at] cnvc [dot] org (Department)まで

日本語でのお問い合わせはnvcworkshop [at] gmail [dot] com (日本側運営チーム宛)にメールでお送りく­ださい。日本語担当者は7月中オフラインのため、­8月になってから対応いたします。

IIT Nick Name: 
Japan December IIT
Date: 
Fri, 2014-12-05 18:15 - Mon, 2014-12-15 13:00

Location

Seisen-Ryo
3545 Kiyosato Takane-chou
Ymanashi-ken Hokuto City 407-0301
Japan
People
Organizer: 
Ken Anno
Lead Trainer: 
Katherine Hahn (Kay) Singer
Trainers: 
Robert Krzisnik
Trainers: 
Marianne Göthlin
Trainers: 
Roxy Manning
Trainers: 
Jim Manske
Trainers: 
Jori Manske
Trainers: 
Jorge. Rubio-Vollert
CNVC IIT Administrator: 
Kendra Rodriguez
Print

The Center for Nonviolent Communication
9301 Indian School Rd NE Suite 204
Albuquerque, NM 87112-2861 USA
Tel: +1.505.244.4041 | Fax: +1.505.247.0414 | US Only: 800 255 7696

NEW fundraising opportunity for US residents.